マンション売却にかかる費用

マンション売却にかかる費用

 

このページでは、マンション売却にかかる費用について説明します。
マンションの売却時には、抵当権抹消やリフォームなどの費用が必要になります。

抵当権抹消

 

 「抵当権抹消」とは、住宅ローン会社に設定されている抵当権を抹消するための手続きです。住宅ローンを組む時に購入するマンションを担保にして資金を借りると住宅ローン会社から抵当権が設定され、返済できない場合はマンションを売却して残金が回収されます。抵当権を設定したままではマンションを売却できないため、売却費用を受け取り次第ローン残金を支払い抵当権を抹消します。もちろん、抵当権の設定されてないマンションには不要な作業です。

 

 

司法書士への報酬

 

 「抵当権抹消」は個人でも行えますが、一般的には司法書士などに依頼することになるため別途費用が発生します。
司法書士費用は司法書士事務所や地域によって差があります。抵当権抹消や住所変更登記など売主が負担すべきものは基本的に売主負担ですが、書類作成費用は売主負担の地域と買主負担の地域があります。自分の該当する地域がどのような慣習となっているかをチェックしておきましょう。また、金額的には2万円程度です。
・登記原因証明情報費用:所有権移転時に売主様の必要書類となります。
・登記名義人表示変更費用:謄本の住所が現住所と異なる場合。

 

 

リフォーム・修理修繕・RC費用

 

 リフォームしてから売り出す場合はリフォーム代が必要です。売却物件を修復する場合は修理修繕費用が必要になり、建物内外に欠陥がある場合は売主負担で修繕してから引き渡します。ルームクリーニング費用も必要ですので、あらかじめ計画に入れておく必要があります。

 

 

引越し費用

 

 実際の引越しは生活状況に応じた費用が必要です。引越し費用をマンション売却費用として考えるか、新たな物件購入で発生した費用と考えるか、あらかじめ計画に入れておく必要があります。

 

 

まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください


0120-37-9106

受付時間10:00〜18:00/定休日 水曜、第2·3火曜